QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
かずよーす

2015年05月27日

普通に大変ではありますが

FXに投資して獲得した利益は課税対象なので確定申告の義務がありますが年間をとおして利益がなかった場合にはすることはありません。でも、投資としてFXを続けていくなら利益が増えなくても確定申告はしておいた方がいいのではないでしょうか。確定申告をやれば、損失の繰越控除が使用できるため、最長で3年間、損益を合算できます。

FX投資によってうまれる利益は課税対象となるため確定申告が必要なのですが、年間をとおして利益が見込めなかった場合はしなくても良いのです。


ですが、FX投資を継続するならば、利益を出せなかった場合にも確定申告をしておいた方が懸命です。


確定申告をした場合、損失した分の繰越控除ができるので、最長3年間の損益を通算できます。FX投資での資金の減少がつづくと、その資金の減少分をもとに戻すために知らず知らずのうちに多くのお金を使ってしまう人も多くいます。沿うすると、大聴く損をする可能性があるので、FX講座には不要なお金を入れないようにしましょう。

これは口座に不必要な資金も入れてしまうと、まだ勝負できると思って余分な資金を投資してしまう可能性があるからです。主婦でFX投資をして大きなお金を得た人もいますが、逆に大きな損失を出し、家庭を崩壊指せてしまう主婦も少なくありません。
レバレッジが使えるFX投資では、利益が大聴く出る反面、失うものも大聴くなってしまうのです。

誰にも言わずに、隠れてFX投資をしたり、必要なお金までつぎ込まないように気を付けて頂戴。

レバレッジを小さくして、投資をする際には、慎重さをもつことを御勧めします。
FX投資で手にした利益には税金をおさめる必要があるのでしょうかか?FX投資で獲得した利益は税制上、「雑所得」という区分になります。年間の雑所得の合計金額が20万円より下であれば、税金は必要ありません。けれど、雑所得の合計が、20万円を上回った場合には、確定申告の手つづきが必要です。

税金を支払わずにいると所得隠しになってしまいますので、ご注意頂戴。



投資としてFXを始める場合におぼえておくことがFXチャートの解読法です。
FXチャートとは、為替相場の動きを表として図式化したものです。数値のみでは理解しにくいですが、グラフ化によって理解しやすくなります。
FXチャートをいかさないと要望するだけの収益が見込めなくなるので、見方をいつでも頭に置いておいて頂戴。


FX投資を試してみるときに心に留めておきたいのがFXのチャートを読み取る方法です。


FXチャートとは、為替市場の変化の方向をグラフで表現したものです。

数値だけでは理解しにくいですが、グラフならよくわかるようになります。

FXチャートを軽視すると利益を出すことは簡単ではないので、見方を身につけておいて頂戴。首尾よくFX投資で利益を得ることができましたらもちろん利益分相応の税金がかけられる訳で、税金の払い忘れがないよう留意しておかないといけません。



大きな金額をFX運用で手に入れたのにそれを申告しなかったり忘れてしまう人もいて中には、詳しく税務署に調査された挙句、税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。


具体的な額として20万円より大きい利益となった時には、確実に確定申告をしておく必要があります。


FX投資を試みる前に、所有する通貨数を決めておくという点も大切ですね。


所有通貨の量を前もって決めておき、それを超えたポジションは持ってはなりません。


このようにした結果、勝利しても、利益は減りますが、損失も抑えられます。
株式投資や不動産投資などどんな投資でも同じなのですがFX投資においても、ロスカットとも呼ばれる損切りはとても大切ですね。
投資の世界に少し触れれば実感することですが、利益だけが積み上がって損はない、という状態は絶対にありません。

どうしても出てしまう損失ですがそれをどの程度に止めることができるかはトレイダーとして投資に向き合い続けられるかどうかというところで結構重要なキーポイントとなってきます。損失を小さくするためには、ぜひ自分なりの損切りルールを作り、作ったそれはとても大切な命綱ですから曲げたりせず徹底して守って頂戴。

タグ :投資FX


Posted by かずよーす at 16:56│Comments(0)投資
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。